FC2ブログ
INDEX  イラスト  リンク  プロフィール  絵BBS  MIXI  << 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.>>

--/--/--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)  

2008/10/29(水) 8月前半の出来事
1日中カッターを見つめていた。腕に突きつけたら涙が目にたまった。

ランプのコードを首に巻いた。
怖さと苦しさで力が入らない。死にたいのか死にたくないのか、わからない。
プライドなのか臆病なのか死ねない理由はどっちだろうか。
夜、気分転換にちょっと遠くまで行ってみた。
しかし、あの人を殺すことしか考えていなかった。それしか考えれなかった。
こうこう、こうして、ああして・・・。

「殺してやる」「殺してやる」「殺してやる」・・・。

人を殺したいと思う感情は「ふつう」な事だ。

けどみんな、殺人者に「異常な思考」を期待する。

「あの人は異常な人だから・・・」ドラえもんが助けて・・・、復活の儀式・・・、

「だから運が悪かったんだ。あんな殺人鬼は普通はいない」って結論付けて、安心したいんだ。

だけどさあ・・・僕らは、様々な後悔や憎しみと向かい合って生きている。生きている。生きてる。

足掻いてるんだよ!

たまには奪いたくなるんだよ。

ただ僕は、・・・そっち側にp@おy:くぁwせdrftgyふじこlpいpvlhkkんlっぼう;うkjb


本屋に行った。たまたま目にとまった「ライジングインパクト」を読んだ。読み耽った。
気付いたら、濁った気持ちはどっか遠くに行っていた。
これが漫画なんだあと思った。

スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://coeeff.blog45.fc2.com/tb.php/237-f247b7f4


copyright © 2005~ COEEFF all rights reserved.
Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。