FC2ブログ
INDEX  イラスト  リンク  プロフィール  絵BBS  MIXI  << 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.>>

「COEEFF」~マツタケのイラストブログ~
【 最新記事 】
10/298月後半の出来事
10/298月前半の出来事
09/11There is not such a worthless thing unless there is a talking partner.
08/21I am two stacks alignment to "be dead" when I "live" same as a cat.
08/16世界に目を向けてみよう

【 コメント 】
07/31 mt様
07/13 家族は運命共同体だ様
06/28 ご主人様
06/28 ikagawa様
06/19 ご主人様

コメント、リンク大歓迎です♪
http://coeeff.web.fc2.com/banner.jpg
◆http://coeeff.blog45.fc2.com/◆

--/--/--(--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告| トラックバック(-) | コメント(-)  

2008/10/29(水) 8月後半の出来事
ゲームは、人がいるから楽しいものである。
話す相手がいないと、これほどくだらないものはない。
「このゲームやってごらんよ、おもしろいよ」「どこまでいった?あの城には隠しがあって・・・」
「どのキャラ使ってる?○○は後半すごい能力を覚えるんだぜ」
ゲームは、人がいるから楽しいものである。
話す相手がいないと、これほどくだらないものはない。
Wiiもプレステもやらなくなった。新作の情報も気にならなくなった。
だけど、捨てられない。
だから、部屋には物が溢れるんだ。
だから、僕の部屋は捨てられないモノで溢れている。
過去にしがみついてる自分を見ているようで背けて瞑ってしまう。まいるなあ・・・。
僕の部屋には居場所がない。
僕の街には居場所がない。
僕の世界には居場所がない。
僕の言葉には重みがない。息がない。
僕は差し詰め二酸化炭素で、忌み嫌われている。
酸素を減らし、二酸化炭素を排出し、糞を出し、尿を出し、くたばる。
僕にできることがあるとするならば、
ただ、僕の吐息で貴方の心が暖まりますように。
スポンサーサイト

2008/10/29(水) 8月前半の出来事
1日中カッターを見つめていた。腕に突きつけたら涙が目にたまった。

ランプのコードを首に巻いた。
怖さと苦しさで力が入らない。死にたいのか死にたくないのか、わからない。
プライドなのか臆病なのか死ねない理由はどっちだろうか。
夜、気分転換にちょっと遠くまで行ってみた。
しかし、あの人を殺すことしか考えていなかった。それしか考えれなかった。
こうこう、こうして、ああして・・・。

「殺してやる」「殺してやる」「殺してやる」・・・。

人を殺したいと思う感情は「ふつう」な事だ。

けどみんな、殺人者に「異常な思考」を期待する。

「あの人は異常な人だから・・・」ドラえもんが助けて・・・、復活の儀式・・・、

「だから運が悪かったんだ。あんな殺人鬼は普通はいない」って結論付けて、安心したいんだ。

だけどさあ・・・僕らは、様々な後悔や憎しみと向かい合って生きている。生きている。生きてる。

足掻いてるんだよ!

たまには奪いたくなるんだよ。

ただ僕は、・・・そっち側にp@おy:くぁwせdrftgyふじこlpいpvlhkkんlっぼう;うkjb


本屋に行った。たまたま目にとまった「ライジングインパクト」を読んだ。読み耽った。
気付いたら、濁った気持ちはどっか遠くに行っていた。
これが漫画なんだあと思った。



2008/09/11(木) There is not such a worthless thing unless there is a talking partner.
But it is not thrown away.
Therefore the room is filled with things.
Therefore my room overflows with the thing which is not thrown away.
I seem to look and turn oneself whom I cling to in the past away and close it. ...
My room does not have a place to stay.
My town does not have a place to stay.
My world does not have a place to stay.
My words do not have heaviness. There is not breath.
I am detested with carbon dioxide keeping on shining.
I reduce oxygen and drain carbon dioxide and take out feces and take out urine and am fagged out.
Your heart only warm for my sigh if born to me.

2008/08/21(木) I am two stacks alignment to "be dead" when I "live" same as a cat.
Do what, appearing cries. But living lives a life.
Rather I may have been dead.
I do not understand it whether even a person acting with a clear aim lives if not recognized by a person.
Is it Schrodinger ? I do not understand it if I do not open a box. I do not understand it if I do not observe it.

Was it decided before observing it? Did it determine it to observe?

Is there oneself who is not confirmed by a person now?

Are you dead whether you live?

Anyway, it is such a feeling.

2008/08/16(土) 世界に目を向けてみよう
I stared at the cutter all day. Tears collected to the eyes when they thrust it at an arm.

I bound a neck with the cord of the lamp.
Power does not enter for fear and pains. I do not understand whether I do not want to die whether I want to die.
Which will the reason that cannot be wasted whether you are coward whether it is pride be?
I went slightly far and wide for a change at night.
However, I thought only that I murdered that person. I was able to think about only it.
It is ... in that way in this way so so.

... which it "spoils" which it "spoils" which it "spoils".

The feelings that want to kill a person are to be "normal".

I expect "an abnormal thought" of a murderer.

Because "that person is an abnormal person, ..." Doraemon helps it; and ..., ceremony ... of the revival,

"Therefore luck was bad". Such a murderous fiend concludes which there is not generally and wants to feel relieved.

... we face each other with various regret and hatred and live. I live. I live.

I struggle!

I want to sometimes take it.

Just I am p@ y in the ... that place side: Ther


I went to the bookstore. I read "the rising impact" that caught eye by chance. I was absorbed in reading it.
The feeling that had sound voiced went slightly in the distance when I noticed it.
This thought of comics .

次のページ >>


copyright © 2005~ COEEFF all rights reserved.
Powered By FC2
Designed By ASIA SEASON

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。